Blogブログ

髪をまとまり良くするケア方法

髪がパサパサ……傷んだ髪の毛の悩みは、ダメージの原因を知って防ぐことが大事です!

傷んだ髪の毛のケア方法・ダメージの解決方法をご紹介。


美容室でトリートメントだけでなく、自宅で使うシャンプー・トリートメント、ドライヤー、ブラシなどのやり方でさらさら髪を目指しましょう

ダメージの原因
①シャンプーでゴシゴシ洗ってしまう
シャンプーは、髪を清潔に保つために必要です

洗い方によっては、髪を傷める原因になってしまいます

髪の毛のキューティクルは、濡れると開く性質を持っています。キューティクルが開いた状態で髪をゴシゴシ洗うと、傷ついて傷む原因に。

シャンプーは手のひらで泡立てから髪に乗せて、地肌を揉みこむように洗って下さい。
 髪を洗い終わったら、シャンプーが残らないよう十分にすすいで下さい。トリートメントなどで髪を保湿して下さいね

②髪を自然乾燥させてしまう
暑いと面倒になって髪を乾かさずに、自然乾燥させている方も多いのでは?
濡れたまま放置していると髪に必要なタンパク質や水分がどんどん失われ、そのままで寝ると枕などの摩擦によって髪が傷んでしまいます。
髪に水分が残っていると、雑菌が繁殖して「かゆみ」や「におい」が発生する原因に

シャンプーしたら、きちんと乾かして下さい。

③ドライヤーの熱ダメージ
キューティクルは熱にも弱い性質を持っていますが、自然乾燥による摩擦などのほうがドライヤーによる熱に比べて髪へのダメージが大きいです。

タオルドライで水分を吸収させた髪を、ドライヤーで乾かしましょう

根元を中心にドライヤーをあてると、乾きやすくなります

試してみて下さい

島根県出雲市大津朝倉3-7-5

℡0853-21-0564

BeautyHINO

ひの美容室

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事