Blogブログ

紫外線による髪、頭皮へのダメージ

紫外線量が増える夏、髪や頭皮にはダメージが蓄積します。

その影響は秋になってから現れます。


紫外線ダメージを受けた髪には

切れ毛や枝毛、パサつきが出ます。

さらには、頭皮の赤みや乾燥を招きます。

かゆみ・フケなどの頭皮トラブルの原因にもなります。

夏の間に適切なケアをしてあげることが大切です。

日傘や帽子等、外出時の紫外線対策は

すでにされている方が多いです。

今回はお家の中で手軽にできる

ケアを3つご紹介致します。

1.シャンプー前に予洗い

予洗いとは、シャンプーの前に、お湯で髪を洗うこと。

この予洗いで、頭皮の皮脂や汚れ、

髪表面の汚れは7~8割ほど落とすことができます。

シャワーを髪の根元から90℃の角度からあて

シャワーのお湯だけでじっくりと洗いましょう。

頭皮の血流UP、頭皮の汚れが浮くので

頭皮環境を整えることができます。

2.濡れた髪を放置しない

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いているため

髪内部の水分が逃げやすい状態です。

そのままではキューティクルが乱れパサパサの髪に。

また、頭皮も濡れた状態が長いと雑菌が繁殖しやすいです。

かゆみなどのトラブルに繋がります。

出来るだけ早く乾かしましょう。

乾かし方は、タオルで頭皮と髪の水分をとり

ドライヤーを20㎝ほど離し温風をあてます。

根元からしっかり乾かしたら冷風をあてます。

キューティクルを整えましょう。

頭皮マッサージで血流UP

健やかな髪の毛を育てるには

頭皮の血流UPさせる事が大切です。

頭皮マッサージを数分でも、毎日行うことで

髪の毛を作る頭皮の細胞に血液とともに

栄養・酸素が届きやすくなります。

また、頭皮は顔の皮膚と繋がっています。

トーンアップやリフトアップなどの効果もあります。

自分が気持ちいいと感じるくらいの力加減で

頭頂部にむかって持ち上げるようなイメージで

まんべんなくほぐしましょう。

当店では通常のメニューにヘッドスパを加えた

特別なコースメニューをご用意しております。

お気軽にご相談下さい。

夏のうちに髪、頭皮をケアして

ダメージを秋に持ち越さないようにしましょう。

島根県出雲市大津朝倉3-7-5

℡0853-21-0564

BeautyHINO

ひの美容室

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事